ミセン〜未生〜 / 미생

イム・シワンさん、イ・ソンミンさん主演のドラマ。

プロ棋士になる夢に挫折した主人公が母親の口利きで入社して、一流商社で実力を発揮していくというサクセスストーリーです。

認定試験で高卒資格を取り、母親の口利きで入ったのでコネ入社と言われて、一流大学を出て競争を勝ち抜いてインターンになった同期からも冷たい視線を浴びせられながらもコツコツと努力し、元々の頭の良さで徐々に仕事ができる片鱗をみせていきます。

というと普通のサクセスストーリードラマに見えますが、現実はそんなに甘くない。最後まで思ったとおりにはならないながらも、いつの間にか同期に比べると一番はやく最前線でバリバリ働くようになっています。

優秀な同期たちも組織の中の政治力のバランスの中で翻弄され、力をなかなか発揮できないながらもそれぞれのやり方で少しずつ成長していくという姿も話に面白さを足します。

ドラマ自体はカン・ソラさん演じるインターン、アン・ヨンイがいきなりデカい仕事を取るところから始まるし、彼女は主役と言ってもいい役柄なのですが、主人公チャン・グレとの間で恋愛関係になることもありません。このドラマ、ドラマでは普通は描かれることのない恋愛要素はまったくありません。

社内の先輩社員や幹部たちも名脇役揃いで、イム・シワンさんの上司役のもうひとりの主役であるイ・ソンミンさんの名演技でドラマのかなりの魅力が出ていると思います。

若い頃は希望や夢があったのが、会社で揉まれる中で色々な形に変わった人、揉まれながらも変わらない人の関係が面白さに良いスパイスになっています。

扱うテーマやドラマの進行は地味なのですが、他の韓国ドラマ同様、見始めると止まらなくなること請け合いです。

Amazonプライムで見たけど、今は見れなくなってます…

シグナル / 시그널

イ・ジェフンさん、キム・ヘスさん、チョ・ジヌンさんら出演のミステリー(と言えるかどうか?)

このドラマの感想はとにかく「凄い」のひとこと。結構重いドラマで、作品を通して重くて暗い感じの雰囲気です。そして、私は「重い」ドラマを視るには気合が必要で、なかなか続けて視ることができないのですが、このドラマはそれでも視てしまう強烈な吸引力があります。

日本のドラマとしてもリメイクされているけど、ほぼ筋はオリジナルを踏襲してるらしい(視てない)というところからもオリジナルの質の高さが伺えます(変えようがないよね、って気がします)。

ドラマを通していくつかの事件が扱われる警察を舞台としたドラマですが、過去と通信ができるトランシーバーで過去の刑事と会話をする、という設定をメインにすえて、未来の情報を元に過去が変わる、それに伴って未来も変わるというお話ですが、これだけだとまあこれまでもあったような気がしますが、そのいくつかの事件はその通信も関係してお互いに関係している、そして結果が変わるのに最終的にはすべて整合性が取れている所がすごいところで、作家さんの能力の高さが伺えます。

色々言うよりとりあえずみてみると一気にその世界に引き込まれて、その重さにも関わらず一気に見てしまうこと請け合いのすごいドラマです。

(参考)

応答せよ 1997 / 응답하라 1997

Apink のウンジら主演のドラマ。韓国ドラマとしてはなかなかユニークなドラマですね。それもあって結構話題になったようですね。

ドラマの舞台となっている時期が 1997 年と現在、それ以外の関連する時を行き来しながら、ヒロインの相手は誰なのか? や、他の登場人物もどうなったのか? が徐々に明らかになっていく進行でした。続けて視なくても十分視すすめていけたので、視終えるまでかなり時間がかかってしまいました。

爆発的に面白いというわけでもなく、次が視たくて仕方なくなるような展開ではないですが、十分に楽しめましたね。

内省的なボス / 내성적인 보스

ヨン・ウジンさん、パク・ヘスさん主演のドラマ。このドラマはラブコメになるんだと思いますが、ラブコメとしては久々に個人的ヒットでした。

内省的で対人恐怖?とも思える主役というのも斬新でした。その設定からくる先の読めなさもスリリングでした。

パク・ヘスさんがちょっと場違い感あるのでは?という話も聞きましたが、ドラマ中の設定としてもちょっと場違いな感じな気がしたので、狙った場違い感かなと思ってました。

2度目の二十歳 / 두번째 스무살

チェ・ジウさん、イ・サンユンさん主演のラブコメ。

久々にラブコメを視ましたが、これは面白い。現在の場面に時折高校時代の場面が織り交ぜられて、少しずつ話しがつながっていく感じです。

序盤にチェ・ジウさん演じるノラの高校時代と今があまりにも性格違いすぎると感じましたが、これは中盤には少しずつギャップが埋まっていき、元々その変化がドラマで描きたいところだったと気づいて納得です。振り返ると少しずつ微妙に変化していくチェ・ジウさんの演技がさすがというところです。そしてイ・サンユンさん演じるヒョンソクも、序盤から徐々に高校生の頃に戻っていく感じです。

後半少しダレたかなと思うこともありますが、序盤から中盤にかけては本当に脚本が良くて、貯めていた録画を一気に一週間くらいで消化してしまうくらいに面白かったです。

ノラの息子の彼女ヘミ役として Apink のナウンちゃんが出ていましたが、普段の Apink でのイメージと違って、積極的な女性を演じていてかわいかったです。最後ももう少しこのカップルの露出が欲しかったですし、結局ノラとヘミの絡みが序盤に同級生としてだけ絡んだだけで、ノラ・ヒョンソクカップルともほぼ絡まなかったので、パラレルストーリーで最後まで平行のまま終わってしまったので、もう少し交差してほしかったなあとは思いました。

チェ・ジウさんはノラ役が本当に合っている感じで、とてもかわいかったですし、最後まで楽しく視れたドラマでした。tvN のドラマって少しインディーズ風な雰囲気がある作品が多いですが、このドラマも本格ドラマながらインディーズっぽい雰囲気も良い意味で失っていない感じで、そういう面も良かったです。

パパはスーパースター!? / 슈퍼대디 열

イ・ドンゴンさん、イ・ユリさん主演のラブコメディ。原題は「スーパーダディ・ヨル」。

イ・ユリさん演じるチャ・ミレががんで余命いくばくもないので子供のために父親を見つけるというムチャクチャな動機で元カレのハン・ヨルに白羽の矢を立てるというところから、色々苦難を乗り越え(?)、父親として人間として成長していくみたいな話です。

がんで余命がほとんどないという重い感じのテーマがあるのに、なぜか軽快で笑える重苦しくないドラマに仕上がっていますね。合間合間の深刻じゃない場面ではコミカルな効果音を入れたり、笑いの場面をこまめに挿入したりしてるのが効いています。

脇役がすごくいい人、って設定のドラマも久々かも。子役のチャ・サラン役のイ・レちゃんもかわいいし、さすがに演技ですね。

ストーリー自体は、まあうまく行き過ぎだし、ありえない!って思うことだらけですけど、気楽に視られるドラマで楽しめましたよ。