ご案内

ブログをご覧いただきありがとうございます。初めて訪問いただいた方は「このブログについて」をご覧ください。

ブログの移設について(2018-07-18)

  • TenForward K-Drama Blog として https://kd.ten-forward.ws/ で公開していたブログをこのブログに移設しました。新サイトの URI は https://kdrama.ten-forward.ws/ です。ブックマークをされている場合などは変更をお願いいたします
  • なお、旧ブログにアクセスすると新サイトに自動的に飛ぶように設定しています

お知らせ

  • コメントは管理人の承認作業のあと表示されます。管理人の承認作業とともに、お返事のコメントをいたしますので、表示されるまでしばらくお待ちください(2018-03-05)
  • Google の AdSense, Amazon アソシエイトの広告を表示させるようにしています.とりあえず当面は表示させる予定です.(2012-04-11)
  • spam も増えてきたので,コメントに CAPTCHA を導入しました.お手数ですが,コメントを頂く場合は CAPTCHA コードも入力してください. (2011-11-21)

筆者は、このブログ以外に K-POP の話題を含む (K-POP 以外もあります) 音楽系ブログも書いています。ご興味のある方は是非ご訪問ください。

今視ているドラマ

また結構な本数を視るようになってきました(2020-02-03)

ちゃんと視ている

  • 愛はビューティフル、人生はワンダフル
  • 童顔美女
  • 私の ID はカンナム美人
  • チャングムの末裔(チャングムが見ている)

視るつもりで録画して視てないもの

  • オレンジマーマレード
  • 師任堂、色の日記
  • 応答せよ1994

録りだめたものをたまに時間がある時に視ているのもの

  • (なし)

ラブリー・スター・ラブリー / 러블리 호러블리

パク・シフさん、ソン・ジヒョさん主演のドラマ。

視る前に気合を入れないとダメということもなく、気軽に視れるドラマです。

基本はラブコメということになるのでしょうが、ミステリー、ホラーの要素も持っています。ひとことでいうと、コメディ・ホラー・ミステリーという感じかな。ストーリーも、リアルのミステリーと、ホラーの境界が曖昧で、どこからが人間が考えたミステリーで、どこからが怪奇現象なのかがわかりません。ありえない設定だからこそ、それを前提にドラマに入っていけて、先は読めません。

私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~ / 당신의 하우스헬퍼

ハ・ソクジンさん、宇宙少女ボナ主演のラブコメ。

前半はきれい好きなハウスキーパーと、ちょっとがさつな女の子のやりとりが、ハウスキーパー業を中心として楽しめる感じでしたが、後半はハウスキーパーあまり関係ないストーリーに変化。

それでも気楽に、それなりにドキドキしながら最後まで楽しめるドラマでした。もちろんボナちゃんのかわいさもたっぷり堪能できますよ😍

たった一人の私の味方 / 하나뿐인 내편

チェ・スジョンさん、ユイさんら主演のドラマ。

このドラマから週末ドラマが 30 分 x 2 になり、内容も少しマクチャンドラマっぽくなった気がします。朝に 100 話以上でやる

ちょっと現実離れしたキツいストーリーに依存した進行ですが、キツいながらも先が気になり最後まで一気に見れるドラマでした。

一緒に暮らしましょうか / 같이 살래요

ユ・ドングンさん、チャン・ミヒさんら主演のホームドラマ。

今まで週末ホームドラマではお父さん、お母さんが重要な役をつとめつつも、主役は兄弟姉妹だったところが、このドラマでは登場家族のお父さん、お母さんが主役という、ありそうでなかった斬新な設定です。

ユ・ドングンさん演じるお父さんも、威厳を失わないながらもコミカルだし、チャン・ミヒさん演じるお母さんも、上品さを失わない程度にかわいくて、年齢ならではの重い話題もあるのですが、楽しく見れました。

恋する泥棒 / 도둑놈, 도둑님

チ・ヒョヌさん、ソヒョン(少女時代)、キム・ジフンさん、イム・ジェウンさんら主演のドラマ。

「悪徳な大物に痛快な打撃を与える泥棒」みたいな宣伝を見て視始めたので、ホンギルドンのような義賊の気楽な話かと思いましたが異なりました。

幼少時代から権力者に虐げられ、ひどい目に遭ってきた主人公らが、成人して能力を活かして徐々に権力者に打撃を与え復讐をするという感じのドラマでした。

50話という長い話にもかかわらず、あらかじめ準備されていた仕込みが後々効いてくると言った所、脚本もかなり練られて書かれているように感じました。序盤の悲惨なまでに虐げられる部分が長く、なかなか本題に入らないところで視聴者の怒りを溜め込んでいくあたりもよく考えられていますね。

みんな成人しても所々痛快な感じはしますが、なかなかすべてが噛み合わないですっきりしないですね。登場人物それぞれが秘密を持っていて、それぞれどう行動するかわからないまま進行していく所もスリリングですし、それが少しずつ明らかになっていくあたりもスリリング。

出演者もそれぞれいい味を出していいて、暗くなりすぎず、腹立たしくなりすぎず、絶妙なバランスを取りながら話が進んでいき、最後のドーンとすっきりするあたりまで、とにかくずっと飽きさせずに話が進行して楽しいドラマでした。