恋する泥棒 / 도둑놈, 도둑님

チ・ヒョヌさん、ソヒョン(少女時代)、キム・ジフンさん、イム・ジェウンさんら主演のドラマ。

「悪徳な大物に痛快な打撃を与える泥棒」みたいな宣伝を見て視始めたので、ホンギルドンのような義賊の気楽な話かと思いましたが異なりました。

幼少時代から権力者に虐げられ、ひどい目に遭ってきた主人公らが、成人して能力を活かして徐々に権力者に打撃を与え復讐をするという感じのドラマでした。

50話という長い話にもかかわらず、あらかじめ準備されていた仕込みが後々効いてくると言った所、脚本もかなり練られて書かれているように感じました。序盤の悲惨なまでに虐げられる部分が長く、なかなか本題に入らないところで視聴者の怒りを溜め込んでいくあたりもよく考えられていますね。

みんな成人しても所々痛快な感じはしますが、なかなかすべてが噛み合わないですっきりしないですね。登場人物それぞれが秘密を持っていて、それぞれどう行動するかわからないまま進行していく所もスリリングですし、それが少しずつ明らかになっていくあたりもスリリング。

出演者もそれぞれいい味を出していいて、暗くなりすぎず、腹立たしくなりすぎず、絶妙なバランスを取りながら話が進んでいき、最後のドーンとすっきりするあたりまで、とにかくずっと飽きさせずに話が進行して楽しいドラマでした。

自己発光オフィス / 자체발광 오피스

コ・アソンさん、ハ・ソクジンさんら主演のオフィスが舞台のドラマ。

ちょっと主演の顔ぶれが地味だなと思ったりもしますが、クォン・ヘヒョさんがいたりとなにげに豪華なメンバーもいます。

ドラマはちょっと不思議な感じで、就職やら仕事やらで色々と問題が起こり続けて、それなりに色々変化が起こるのですが、ドラマ全体としてはあまり何か変わった感じがせず、日々の仕事の状況が淡々と描かれていく風に感じます。

主演メンバーの恋愛も描かれますがもうひとつ盛り上がった感じがしないです。

面白くないのかというとそんなことはなくて、次回が視たくて仕方なくなる韓国ドラマに良くある雰囲気なのに、終わってみると「あれ?何が起こったんだ?」と思ってしまう、何か不思議な独特の雰囲気を持つドラマでした。

プロデューサー / 프로듀사

チャ・テヒョンさん、コン・ヒョジンさん、キム・スヒョンさん、IU さんら主演の放送局のバラエティー局を舞台にした制作の裏側を描きながら、登場人物の恋模様を描くラブコメ。個人的に、コン・ヒョジンさん出演のドラマはハズレなし、と思っているのですが、このドラマもそれを証明した形です。

ドキュメンタリー番組のインタビュー風の映像を交えながらの面白い構成。実際、番組のインタビューでこんなこと答えたら放送できんやろー、というセリフ多数ですが、そこで登場人物の心の内を語らせたりしているのがまた独特な面白さを生み出しています。

テンポも良いですし、なんといっても超豪華なカメオ陣がバンバン登場します。韓国ドラマ好きなら思わずニヤニヤしてしまうくらいに毎回登場してきて、そういう面でも楽しいですね。若手に限らずユン・ヨジョンさんといった大御所もカメオ出演しているのがすごいし、それぞれとても笑わせてくれます。そういえば序盤に少女時代の何人かが本人役で出ていますね😍イ・スンギさんのカメオも「いい人」を普段から実践しないといけなくて辛いんだよ、と陰で言いながらオフでもいい人を演じ続けるコミカルな役で爆笑でした。

Kポアイドルファンとしては、練習生時代の gugudan ミミや、BESTie ヘリョンなんかが出ているのも気になるところですね。他にも 2ni1、BLACKPINK と挙げるとキリがないですね。

現役アイドルにこんな役させても良いの? ってくらい、序盤の IU ちゃん演じるシンディは感じ悪いですし😅、カメオ出演のハニ(EXID)なんて喧嘩して相手を怪我させて留置場に入る役だし😂、良くこんな役受けたなというところがまた面白いです。シンディは、その本当の姿がわかってくると「感じ悪い」わけではないことがわかってきますけどね。そういうシンディの変化も楽しめますね。

チャ・テヒョンさんは本当に風貌からプロデューサーっぽいですし、コン・ヒョジンさんはこれまでのドラマと同様に表情豊かで本当にかわいらしいですし、周りを固める脇役陣もいい味出していて本当に笑えます。

番組もミュージックバンクからドラマ中でメインに扱われる「一泊二日」まで実際の番組名をそのまま使っていますし、そういえば放送局名もいつもは架空の放送局で KBC とかなるんですが、今回は KBS そのままですね。

最初から最後までテンポの良さは変わりません。後半はラブコメ的な展開が中心にはなります。ラ・ジュンモPD、タク・イェジンPDの関係の進展や、シンディの辛い日々とキム・スヒョンさん演じるペク・スンチャンPDとの関係がどうなっていくかも気になり、韓国ドラマあるあるの次が見たくなって仕方がないという面白いドラマでした。IUちゃんのシンディはかわいくてコミカルで良かった😍

応答せよ 1997 / 응답하라 1997

Apink のウンジら主演のドラマ。韓国ドラマとしてはなかなかユニークなドラマですね。それもあって結構話題になったようですね。

ドラマの舞台となっている時期が 1997 年と現在、それ以外の関連する時を行き来しながら、ヒロインの相手は誰なのか? や、他の登場人物もどうなったのか? が徐々に明らかになっていく進行でした。続けて視なくても十分視すすめていけたので、視終えるまでかなり時間がかかってしまいました。

爆発的に面白いというわけでもなく、次が視たくて仕方なくなるような展開ではないですが、十分に楽しめましたね。